人気ブログランキング |

ダルマギク

b0214473_16553814.jpg

初めて咲きました、昔から名前は聞いていたんですが、去年の秋に苗と出会いました。冬にも夏の暑さにもとても元気でした。背丈もあまり伸びすぎずに低く広がってあつかいやすいキク科の花です、挿し木がしやすいようなので増やしたいと思います。
b0214473_16594460.jpg

開く前の蕾はこんな感じです、今度満開になったらこのブログに追加します。

ちょっと参考まで
名:Aster spathulifolius Maxim.]

キク科の多年草。亜低木状で、茎の基部が多少木化し、よく分枝する。葉は密に互生して、重なり合う。9~11月、径3~4センチメートルの頭花を枝先につける。頭花は青紫色の舌状花と黄色の管状花からなる。海岸の岩上に生え、日本海に面した中国地方、対馬(つしま)海峡に面した九州北部、対馬、隠岐(おき)、および日本海側の朝鮮半島、鬱陵(うつりょう)島、済州島などに分布する。花が美しいので、古くからよく栽培されている。




drumadarumadaruma drumadarumadaruma drumadarumadaruma drumadarumadaruma
by uneme_hallvert | 2013-10-09 17:03 | | Comments(0)


<< シモバシラの花 糸すすき >>